昔と現代における印刷情報


過去の情報一覧

安政元年の頃から始まった

1854年の安政元年に、下田でペリーの通訳をしていたオランダ語の通訳士本木昌造が、日本における近代活字文学の祖と言われています。本木は1869年に長崎に活版印刷所を設立、翌年に「横浜毎日新聞」を創刊します。日刊新聞の始まりです。活版印刷は、大正時代に入ると徐々に衰退し始め、その後は写真植字という技術がそれに代わった。活版で書籍を刷ろうと思ったら、膨大な数の活字を用意しなければならない。特に日本語は諸外国の言語に比べて平仮名、カタカナ、漢字、アルファベットと、大量の資材と人手がなければ用意することが難しい。こういった事も活版が衰退した原因でしょう。

現代で以外にも人気なのが

昨今では、インターネットが主流になり注目を集める一方で、折込チラシやDMなどの印刷物が好調である。小売業のように地域との結びつきが強い情報発信の場合は、店舗の密度や交通網などが影響し、地域によって有効なメディアに違いがある。東北、関東、中国・四国などではテレビコマーシャルよりチラシの費用対効果が良いが、九州などはチラシの優位性は低い。では、都会で駅に隣接している店舗だからとチラシの配布を中止した場合には、売上が非常に落ち込んだ。これは、インターネットやテレビコマーシャルの役割とは異なる、チラシなどの印刷物が訴求する役割を担っているからであろう。

新着情報

2016-11-08 パンフレット作成業者が追加されました。
2015-06-18 印刷物を楽に作成が更新されました。
2015-05-19 名刺印刷のやり方が追加されました。
2014-12-16 名刺印刷のすごさが更新されました。
2012-12-20 印刷技術と企画力が追加されました。